Admin


スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

原爆の日




生後10ヶ月と15日


今年も原爆の日がやってきました。
秋葉市長の平和宣言、今年もステキでした

何がステキって、オバマジョリティーという、この造語!!
オバマ大統領のプラハ宣言を受けて、オバマとマジョリティー(多数派)とをかけて造ったというこの言葉(ちなみに飛行機の中で思いついたらしい)・・・ 若干のオヤジギャグ感は否めませんが、そこがまたなんとも言えぬ味わいを醸し出していると思います!!

私は今朝の平和宣言で、初めてこの言葉を知ったのですが、広島市では、オバマジョリティー・キャンペーンとして、6月から活動を始めているそうですね。さすがイカしてます、広島市!!

ちなみにオバマ大統領のプラハ演説とは・・

今年の4月、オバマ大統領がプラハで行った演説の中で、アメリカの大統領としては初めて核兵器を使用したことがある唯一の核保有国として、アメリカには行動する道義的責任があると言明し、なおかつ、アメリカが核兵器のない世界の平和と安全を追求する決意であることを信念を持って明言 したものです。

さらにさらに、アメリカは核兵器のない世界に向けて、具体的な措置を取るとして、

核兵器削減のために、ロシアと新たな戦略兵器削減条約の交渉を行う。
全世界的な核実験の禁止を実現するために、アメリカによる包括的核実験禁止条約の批准を直ちに積極的に推し進る。
核爆弾の製造に必要な物質の供給を断つために、国家による核兵器製造に使用することを目的とする核分裂性物質の生産を検証可能な形で禁止する新たな条約の締結に努める。
核不拡散条約を強化。
アメリカ主催による核安全保障に関する国際サミットを今後1年以内に開催。

などなどの具体策をあげています。
うーむ、スバラシイ!!

とは言え、オバマ大統領は一方で、核兵器が廃絶されるまでは、NATO同盟諸国に対する防衛を保証するために、安全かつ効果的な兵器を維持すること、イランからの脅威が続く限り、費用対効果の高い、実績のあるミサイル防衛システムの導入を続けること、などもこの演説の中で話しており、要するに、他国が廃絶するまでの間は、アメリカ(及びその同盟国)は核を持ち続けますよ、と言っているわけで・・・

このあたり、アメリカの体質はなにも変わっておらず、、つまり、決して平和・人道主義的な考えからではなく、単純にテロリストや反米各国が核を保有していることに脅威を感じているからこその核廃絶なんだろうと思います。

まあそれでも、なんにせよ、核兵器は廃絶されるしかない人類絶滅兵器です。
オバマ大統領の真意はともかく、世界が、オバマジョリティーとなって核廃絶へ向けて進んでいくために、この演説はやはり画期的であったと思うわけで・・
私も、核兵器廃絶に向けて、自分にできることを模索していこうと新たに決意した次第であります


カテゴリ : 【★思うこと
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<のび家襲来!! | ホーム | 最近の成長っぷり>>















まーすけへの秘密コメントにする

トラックバックURL
http://mamalog.blog26.fc2.com/tb.php/434-18b37e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
おすすめサイト
カテゴリ別に読む
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。