Admin


スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

諦めたら・・?




<Cycle 25> Day 24 (低温期24日目) 36.51℃
-----------------------------------------------------------------
先日、母から聞いた話なのですが。。
母の兄である私の叔父夫婦も、長い間子宝に恵まれず、夫婦共に40過ぎてから男の子を授かったのですが、母がその叔父に、私が不妊治療をしていることを話したところ、叔父から、「諦めたらできるよ。」と言われたそうです。

諦めたらできる・・・実際コレとてもよく聞く言葉で、私も友達に、よく諦めたらできるって言うよね。なんて言われたこと、何度かあります。
確かに、赤ちゃん待ちをすることそのものや、治療によるストレスから解放されることが妊娠につながることはとてもよく理解できるし、直接の知り合いじゃないけれど、諦めたら授かった方の話は何度も聞いたことがあるので、本当によくあることなのかもしれません。

でも、なんか釈然としない´д`トホホ
ので、この気持ちをいろいろ考察してみるに・・・
諦めるって、治療を続けることよりも、難しいことだと気がつきました。

たとえば私だって、1年前には自分がIVFに進むなんて予想していなかったし、IVFの治療内容を見聞きするたび、私には無理かもしれない・・もしIVFしかないと言われたら、赤ちゃんのことは諦めるかも?なんて思っていました。
IVFをする前も、もしうまく採卵できなかったら、もし受精できなかったら。。そのときは諦められるかも、と思っていたし、今は今で、あと2回くらいなら採卵からまたチャレンジできるかな?なんて思っているけど、実際それでも妊娠できなかったとき、諦めることができるかと言えば・・もしかしたらできないかもしれないです。

望めば授かることができる人が見たら、治療に固執しているように見えるかもしれないし、それが逆に妊娠を遠ざけているように思えるかもしれません。わが家の場合、夫婦ともに目に見える原因がないので、そこまでしなくても、そのうち自然妊娠できるのでは?と言われたこともあります。
でもでも、この2年間タイミングはピッタリ合っていたのに、ただの1度もかすらなかったのに対し、初めてのIVFで、育たなかったとはいえ着床までしたという事実は、IVF以外で赤ちゃんを授かるのは極めて難しい、と思えてならないのです。

もちろん、自然妊娠は不可能と言われた方が妊娠された例はいくらでもあると思うし、それは本当に素晴らしいことだと思うけれど、そして、自分にそんな奇跡が起こらないとも決して言いきれないと思うけど・・ 私はそういうご夫婦以上に、子どもを諦めたのち結局授かることなく、二人の人生を歩んでいるご夫婦の方をたくさん知っているような気がします。

だから、いずれ二人の間に、もういいかな?という気持ちが自然に産まれて、その結果二人の人生を選ぶ、というのでなく、いわば奇跡をあてにして、治療をやめたら?なんて、言われたくなかったんだなあ、とわかりました。
もちろん叔父に悪気がないことはわかっているし、怒っているとかはないけれど、今度もし同じことを言われたら、ちゃんと言い返してやろうっと!もふー

なんだかとりとめもなくゴチャゴチャと書きましたが、なんだろうこの気持ち?と少しモヤモヤしてたので、スッキリですオレンジのきらきら また気分を新たに、がんばりたいと思いマス!!


カテゴリ : 【★思うこと
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (8) 【コメントする
| top↑
管理人のみ閲覧できます From:-



From:Ayabu

先日、「Wicked」というミュージカルを観ました。まーすけさんは観ましたか?

どんな逆境にも負けずに自分を信じて生きていたヒロイン。彼女は、いつも「unlimited」と歌っていました。だけど、最後は同じフレーズで「I'm limited」と歌うんです。

今年はずっと忙しくて、色々とストレスが溜まっていた私にとっては、女性の生き方を考えさせられるお話に感じられて、涙が止まりませんでした。でもね、劇場を出る頃には、また頑張れるような気持ちになれる、そんなミュージカルでした。

不妊治療では、諦めると・・・という話は確かによく聞きます。そう慰められても、結局のところ、出産するという結果がすべてという考え方がにつながってしまい、言われた当人は、救われた気持ちになるわけではないのかもしれませんね。

不妊治療にかかわらず、結果がすべてではなく、様々な思いや経験こそ、人生の醍醐味のはずです。どうぞ、今のまーすけさんの生き方に自信を持って、進んでくださいね!!

私も、頑張ります!!!

(歌詞は、あえて英語版オリジナルを紹介しました。)


よく分かる・・・ From:ぴのまま

まーたんの書いてる気持ち、本当にものすごく良く分かります。
「諦める」って本当に目一杯のことをやって、
自分自身で精神的・身体的、あるいは経済的に
そうせざるを得ないところまできたと納得した時にしか、できない気がする・・・。
他人に言われてできるのは「諦めたフリ」だけなんじゃないかなぁ。
でも、叔父様ご夫婦は、きっとそういうった境地をご自身が経験した上でのお言葉でしょうから、
その結果お子さんを授かったという奇跡は確かに説得力のあるものだよね。
こういう例は今後のまーたんにとって(私にとっても)励みにしていけばいいと思うんだ。
まーたんの言うとおり、奇跡って「あてにするもの」でも「待ちかまえる」ものでもなく、信じるものだと思うから!

ちょっと話がズレるけど
どうも、不妊治療を続けている=固執していると捉えられがちだよね。
だから本当に親しい人以外には言えないし、言いたくない気がする。
実際に悲観したり動揺したりすることも沢山あるけど、
何かを望んだり欲したりっていうのは、赤ちゃんに対してだけでなく
人それぞれの純粋な気持ちのはずだし
それを軽んじたり過剰に反応(同情)したりっていうんじゃなくて
一定の距離をもって見守るしかないんだよね、きっと。

うーん。書いてたらゴチャゴチャしてきた(苦笑)
長々と、支離滅裂でごめんちゃい。
要するに、気持ちはすっごく分かるよと言いたかったのでした。

秘密コメントさんへ From:まーすけ

いえいえ、いつもお仕事中忙しいのに、コメントありがとうございます!!
私もしょっちゅう間違えるので、気になさらないでくださいね~(´ー`)

Ayabuさんへ From:まーすけ

Wicked、観ていないけど話題のミュージカルですよね~!!曲だけでも、ぜひぜひ聴いてみたいです。

本格的に治療を始める前は、諦めるのは簡単だけど・・なんて考えていたけど、実際にステップアップしていくと、まだまだできる、まだ諦めちゃいけない、って気持ちのほうが強くて。。もちろん、「ああ、やるだけやったな」って思える日もいつかやってきて、そうなった時の人生のことを考えることのほうが多かったりして、矛盾してるんですが・・
諦める気持ちはまだ出てこないんですが、でも不思議と、未来を思った時、子どものいる自分がいまだに想像できないんですよね(・∀・;)
想像するのは、もっぱらこーと二人で旅行とかしてる、今の生活の延長なのです。。
でも、いつかAyabuさんが言ってくれたように、たとえどんな結果が待っていても、今やるべきことをやっていれば、きっと道は開けると思うので、その時が来るまで、今を大切にじっくり取り組んでいきたいと思ってマス!!
これからもどうぞよろしくお願いします(ノ´∀`*)


ぴのっちへ From:まーすけ

共感してくれてどうもありがとう!!
そうそう、ぴのっちの言うとおり、不妊治療してるって言うと、何が何でも赤ちゃんほしい人!みたいに思われがちよね、実際。。
いやまあ治療もやむを得ないくらいにはほしいとはもちろん思ってるんだけど、私も赤ちゃんに限らず、こうなったらいいなあって思うことに対してがんばるのは、人間誰でも同じだと思う!
それが不妊治療になると、急にネガティブなイメージになるのは、テレビの影響も大きいと思うので、そういうイメージを打ち破るべく、真の不妊女性の姿を知ってもらいたいと思う今日この頃デス!!

って私も思いっきり話がズレてしまったけど、諦める時って、その人によっても違うと思うし、どこまでやったら諦めていい、みたいな線引きも、そもそも自分達が決めることだから、やっぱり人に諦めたら?って言われるのは納得がいかないなーと今回のことで思ったよ。もちろん、叔父も心配して言ってくれたわけだし、あまり赤ちゃんのことだけに捉われすぎて視野が狭くならないよう、いつも自問自答していたいと思うけどねん!!
奇跡はあてにするものじゃなく、励みにするもの・・すごくいい言葉だよ~。これはずっと覚えておきますっ!!


From:のび蔵

おひさしぶりになっちゃってゴメンよー。
まさに私も「諦める」ことについて考えることがあったので、他人事とは思えなくて。(あ、我が家が諦めることを考え始めたとかそういうことじゃないよ~)

きっと叔父さまにとっては、まさに「諦めたらできた」というのが真実なんだよね。まさにご自身が経験したことだから、純粋にまーすけちゃんにも身をもってそれを伝えたかっただけなんだよね、きっと。ただ、「諦める」というのは、散々手を尽くして頑張って精も根も尽き果てて、子どものことを考えるのは止めて、夫婦二人だけの人生を歩むってことよね?そこまで行き着くって、なかなかできることじゃないと思うんだ。諦めることができるのは、そこまでやり尽くした人でなければできないこと。最初からそれを目的にしてしまっては、絶対に諦めたことにはならないよね。叔父さまは諦めの境地に到達されて、男のお子さんを授かられたけれど、それは叔父さまご夫婦だけの経験談として捉えていただかないと!って思っちゃう。それを現役で治療している私たちにアドバイスされても、私でも戸惑ってしまうと思うもの。
って、まーすけちゃんの考えをなぞっただけになっちゃってゴメン。おまけに、ぴのっちのコメントの方がより的確だし・・・(笑)
私たちにできることは、そればっかりに傾倒しすぎずに普段の生活も楽しみつつ、でも可能な期間にやれる範囲のことをやるしかないんだよね!

最近、やっぱりタイミングでは我が家は無理なんだなぁとしみじみ感じ始めてマス。でも正直言ってまた治療に戻ってまた辛い思いをするのは「怖い」という気持ちがあったりするのも事実。でも、現役でがんばれるうちは、前に進むしかないのかもしれないね。私もがんばらなくっちゃ!!

のびちゃんへ From:まーすけ

キャーコメントたくさんありがとうっ
お返事遅くなっちゃってごめんね。

実はうちの叔父に限らず、あまり不妊治療に詳しくない友だちにも、「よく治療やめたらできるって言うよね」って言われたこともあって、確かにそういうご夫婦もたっくさんいると思うし、治療そのものがストレスになっていたりする場合、ストレスから解放されたことが妊娠につながるっていうのもよーくわかるんだけど・・
うちの場合、自然妊娠はほぼあり得ないってつくづく身にしみてるから、治療やめたらもう可能性はゼロに近いんだよ・・って思っちゃうのさ。
叔父の言うことももっともだし、純粋に心配して言ってくれてるのもわかるんだけど、「そんなこと言われても!」って感じなのよさ。

だから、のびちゃんも言うとおり、やっぱり今できることを地道にやるしかないんだよね。いずれ、嫌でも生物学的にリミットは来るんだし、今治療が大変だろうとお金がかかろうと、一生続くわけじゃないし、治療できるだけでも恵まれてるんだし!と思ってマス。

のびちゃんも病院再開を考えてるんだよね。
のびちゃんのこともずっと応援してるからねー!!



<<高温期突入!! | ホーム | まだなのにムラムラ>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/10/25 22:53】 | #[ 編集]
先日、「Wicked」というミュージカルを観ました。まーすけさんは観ましたか?

どんな逆境にも負けずに自分を信じて生きていたヒロイン。彼女は、いつも「unlimited」と歌っていました。だけど、最後は同じフレーズで「I'm limited」と歌うんです。

今年はずっと忙しくて、色々とストレスが溜まっていた私にとっては、女性の生き方を考えさせられるお話に感じられて、涙が止まりませんでした。でもね、劇場を出る頃には、また頑張れるような気持ちになれる、そんなミュージカルでした。

不妊治療では、諦めると・・・という話は確かによく聞きます。そう慰められても、結局のところ、出産するという結果がすべてという考え方がにつながってしまい、言われた当人は、救われた気持ちになるわけではないのかもしれませんね。

不妊治療にかかわらず、結果がすべてではなく、様々な思いや経験こそ、人生の醍醐味のはずです。どうぞ、今のまーすけさんの生き方に自信を持って、進んでくださいね!!

私も、頑張ります!!!

(歌詞は、あえて英語版オリジナルを紹介しました。)
【2007/10/26 10:38】URL | Ayabu #-[ 編集]
よく分かる・・・
まーたんの書いてる気持ち、本当にものすごく良く分かります。
「諦める」って本当に目一杯のことをやって、
自分自身で精神的・身体的、あるいは経済的に
そうせざるを得ないところまできたと納得した時にしか、できない気がする・・・。
他人に言われてできるのは「諦めたフリ」だけなんじゃないかなぁ。
でも、叔父様ご夫婦は、きっとそういうった境地をご自身が経験した上でのお言葉でしょうから、
その結果お子さんを授かったという奇跡は確かに説得力のあるものだよね。
こういう例は今後のまーたんにとって(私にとっても)励みにしていけばいいと思うんだ。
まーたんの言うとおり、奇跡って「あてにするもの」でも「待ちかまえる」ものでもなく、信じるものだと思うから!

ちょっと話がズレるけど
どうも、不妊治療を続けている=固執していると捉えられがちだよね。
だから本当に親しい人以外には言えないし、言いたくない気がする。
実際に悲観したり動揺したりすることも沢山あるけど、
何かを望んだり欲したりっていうのは、赤ちゃんに対してだけでなく
人それぞれの純粋な気持ちのはずだし
それを軽んじたり過剰に反応(同情)したりっていうんじゃなくて
一定の距離をもって見守るしかないんだよね、きっと。

うーん。書いてたらゴチャゴチャしてきた(苦笑)
長々と、支離滅裂でごめんちゃい。
要するに、気持ちはすっごく分かるよと言いたかったのでした。
【2007/10/26 12:02】URL | ぴのまま #dzO3f8cA[ 編集]
秘密コメントさんへ
いえいえ、いつもお仕事中忙しいのに、コメントありがとうございます!!
私もしょっちゅう間違えるので、気になさらないでくださいね~(´ー`)
【2007/10/30 20:00】URL | まーすけ #-[ 編集]
Ayabuさんへ
Wicked、観ていないけど話題のミュージカルですよね~!!曲だけでも、ぜひぜひ聴いてみたいです。

本格的に治療を始める前は、諦めるのは簡単だけど・・なんて考えていたけど、実際にステップアップしていくと、まだまだできる、まだ諦めちゃいけない、って気持ちのほうが強くて。。もちろん、「ああ、やるだけやったな」って思える日もいつかやってきて、そうなった時の人生のことを考えることのほうが多かったりして、矛盾してるんですが・・
諦める気持ちはまだ出てこないんですが、でも不思議と、未来を思った時、子どものいる自分がいまだに想像できないんですよね(・∀・;)
想像するのは、もっぱらこーと二人で旅行とかしてる、今の生活の延長なのです。。
でも、いつかAyabuさんが言ってくれたように、たとえどんな結果が待っていても、今やるべきことをやっていれば、きっと道は開けると思うので、その時が来るまで、今を大切にじっくり取り組んでいきたいと思ってマス!!
これからもどうぞよろしくお願いします(ノ´∀`*)
【2007/10/30 20:12】URL | まーすけ #-[ 編集]
ぴのっちへ
共感してくれてどうもありがとう!!
そうそう、ぴのっちの言うとおり、不妊治療してるって言うと、何が何でも赤ちゃんほしい人!みたいに思われがちよね、実際。。
いやまあ治療もやむを得ないくらいにはほしいとはもちろん思ってるんだけど、私も赤ちゃんに限らず、こうなったらいいなあって思うことに対してがんばるのは、人間誰でも同じだと思う!
それが不妊治療になると、急にネガティブなイメージになるのは、テレビの影響も大きいと思うので、そういうイメージを打ち破るべく、真の不妊女性の姿を知ってもらいたいと思う今日この頃デス!!

って私も思いっきり話がズレてしまったけど、諦める時って、その人によっても違うと思うし、どこまでやったら諦めていい、みたいな線引きも、そもそも自分達が決めることだから、やっぱり人に諦めたら?って言われるのは納得がいかないなーと今回のことで思ったよ。もちろん、叔父も心配して言ってくれたわけだし、あまり赤ちゃんのことだけに捉われすぎて視野が狭くならないよう、いつも自問自答していたいと思うけどねん!!
奇跡はあてにするものじゃなく、励みにするもの・・すごくいい言葉だよ~。これはずっと覚えておきますっ!!
【2007/10/30 20:33】URL | まーすけ #-[ 編集]
おひさしぶりになっちゃってゴメンよー。
まさに私も「諦める」ことについて考えることがあったので、他人事とは思えなくて。(あ、我が家が諦めることを考え始めたとかそういうことじゃないよ~)

きっと叔父さまにとっては、まさに「諦めたらできた」というのが真実なんだよね。まさにご自身が経験したことだから、純粋にまーすけちゃんにも身をもってそれを伝えたかっただけなんだよね、きっと。ただ、「諦める」というのは、散々手を尽くして頑張って精も根も尽き果てて、子どものことを考えるのは止めて、夫婦二人だけの人生を歩むってことよね?そこまで行き着くって、なかなかできることじゃないと思うんだ。諦めることができるのは、そこまでやり尽くした人でなければできないこと。最初からそれを目的にしてしまっては、絶対に諦めたことにはならないよね。叔父さまは諦めの境地に到達されて、男のお子さんを授かられたけれど、それは叔父さまご夫婦だけの経験談として捉えていただかないと!って思っちゃう。それを現役で治療している私たちにアドバイスされても、私でも戸惑ってしまうと思うもの。
って、まーすけちゃんの考えをなぞっただけになっちゃってゴメン。おまけに、ぴのっちのコメントの方がより的確だし・・・(笑)
私たちにできることは、そればっかりに傾倒しすぎずに普段の生活も楽しみつつ、でも可能な期間にやれる範囲のことをやるしかないんだよね!

最近、やっぱりタイミングでは我が家は無理なんだなぁとしみじみ感じ始めてマス。でも正直言ってまた治療に戻ってまた辛い思いをするのは「怖い」という気持ちがあったりするのも事実。でも、現役でがんばれるうちは、前に進むしかないのかもしれないね。私もがんばらなくっちゃ!!
【2007/11/16 23:16】URL | のび蔵 #nLFQAz4w[ 編集]
のびちゃんへ
キャーコメントたくさんありがとうっ
お返事遅くなっちゃってごめんね。

実はうちの叔父に限らず、あまり不妊治療に詳しくない友だちにも、「よく治療やめたらできるって言うよね」って言われたこともあって、確かにそういうご夫婦もたっくさんいると思うし、治療そのものがストレスになっていたりする場合、ストレスから解放されたことが妊娠につながるっていうのもよーくわかるんだけど・・
うちの場合、自然妊娠はほぼあり得ないってつくづく身にしみてるから、治療やめたらもう可能性はゼロに近いんだよ・・って思っちゃうのさ。
叔父の言うことももっともだし、純粋に心配して言ってくれてるのもわかるんだけど、「そんなこと言われても!」って感じなのよさ。

だから、のびちゃんも言うとおり、やっぱり今できることを地道にやるしかないんだよね。いずれ、嫌でも生物学的にリミットは来るんだし、今治療が大変だろうとお金がかかろうと、一生続くわけじゃないし、治療できるだけでも恵まれてるんだし!と思ってマス。

のびちゃんも病院再開を考えてるんだよね。
のびちゃんのこともずっと応援してるからねー!!
【2007/11/21 11:23】URL | まーすけ #-[ 編集]















まーすけへの秘密コメントにする

トラックバックURL
http://mamalog.blog26.fc2.com/tb.php/311-278e95a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
おすすめサイト
カテゴリ別に読む
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。