Admin


スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

今まで行ってきた検査・治療について




そろそろ赤ちゃんのための準備をしようかな。。と思い始めた頃からの治療や、検査の経過をまとめてみました。

-----------------------------------------------------------------

2003年7月頃(30歳)
こーとの同居生活も落ち着いてきて、結婚を意識し始めたので、生理痛のために3年間服用していた、低用量ピルの服用をやめる。
服用していたのは、トライディオールでした。

2004年3月頃
ピルをやめて、ガタガタながらも2層に分かれていた基礎体温が、1層になってしまい、いちおう生理はあったけれど、周期も40日以上になってしまう。しかしこの時点でまだ婦人科は受診せず。。
ネットで調べてみたところ、「ピル服用後無排卵」という副作用であるらしいことがわかる。

2004年5月(31歳)
やっと婦人科を受診してみると、やはり無排卵とのこと。
しかし、せっかくだから・・とやってみた膣内エコーで、右卵巣に8cmのチョコレート嚢砲があることが判明。破裂する可能性があるので、早めの腹腔鏡手術が望ましいと言われる。
この病院が気に入らなかったわけではないが、どうせ入院するならと、自分であれこれ病院を探したあげく、国立成育医療センターが気に行って、転院。手術を受けることにする。

2004年9月
腹腔鏡手術で、右卵巣にできたチョコを切ってもらう。
同時に、卵管の通水、少々あった癒着などもとってもらい、妊娠に備えてお腹の中をキレイにしてもらう。
手術後は、生理が劇的に軽くなり感動!!!
周期も28日周期になり、これまた感動。・゚・(*´∀`*)・゚・。
※ 子宮内膜症について、この時の手術については、カテゴリの「子宮内膜症」にまとめてあります(σ・∀・)σ

2005年1月
こーとめでたく入籍(ノ´∀`*)
しかし、7月に結婚式を控えていたので、解禁はせず。。

2005年9月(32歳)
7月に結婚式を終え、ようやく解禁する。
しかし、この頃から、また生理痛が重くなる。。
9月には、最後の術後検診もあったけど、この時は特に異変なしでした。

2006年3月
半年ほど自己流タイミングでがんばってみたが、妊娠に至らないので、不妊科を受診。
以前とは逆の、今度は左卵巣に小さいチョコが見つかる。
ひと通りの検査を行うが、こーの精液検査、私の低温期/高温期のホルモン値など、特に異常はなし。
以後、月イチで通院して、卵胞チェックによるタイミング指導を受ける。

2006年6月(33歳)
左卵巣のチョコが、3cmに成長。
再度、腹腔鏡を受けることを決意、9月に2度目のラパロを受ける。
癒着などは特になかったけれど、小さい子宮筋腫があり、一緒に取ってもらいました。

2007年1月
術後の経過はよかったものの、妊娠の兆候がないので、ピックアップ障害が疑われる。
夫婦で話し合いの末、夏にIVFにステップアップすることを決意、それまでの間は、過排卵を狙っての排卵誘発やAIHも試してみることに。

2007年9月(34歳)
ロング法での初IVFにチャレンジ。
12個採卵できたうち、10個受精したものの、4個は多精子受精のため廃棄。
残り6個のうち2個を同じ周期に移植、残り4個は2個ずつ凍結できました。
判定日前日の血中hCGが77と、まずますの数値で妊娠、との判定をいただきましたが、その後化学流産となってしまいました。。

-----------------------------------------------------------------

以上、またアップデートありましたらボチボチ書き足していきます(ノ´∀`*)


カテゴリ : 【これまでの経緯
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (2) 【コメントする
| top↑
再手術 From:あやのママ

まーすけさんは、手術後2年で再手術ということになるのですね。
私は自分が子宮内膜症だということを知らないまま、不妊の原因を調べるために手術をしました。
術後に「子宮内膜症」と説明を受けた際、思わずびっくりして『今後再発することはあるのですか?」と先生に聞くと、「それもあり得るけど、あなたは軽症だから、今度再発しても、手術するくらいになるまでにはきっと生理あがってるから、そんなに心配しなくていいよ」と言われ、安心したというより、とーても複雑な気持ちになったのを覚えています(笑)。

あやのママさんへ From:まーすけ

あやのママさんは、検査のための手術で、内膜症が発覚したのですね。。ということは、腹膜など、エコーではわかりづらいところにあった内膜症だったのでしょうか?
再発は嫌なものですが、そんな言われ方をしたら確かに複雑ですよね(笑)
嬉しいんだか、嬉しくないんだか(・∀・;)
なんにしても、あやのママさんの内膜症が再発しないことを祈っています!!


<<鍼・初体験!! | ホーム | 未来への展望>>
再手術
まーすけさんは、手術後2年で再手術ということになるのですね。
私は自分が子宮内膜症だということを知らないまま、不妊の原因を調べるために手術をしました。
術後に「子宮内膜症」と説明を受けた際、思わずびっくりして『今後再発することはあるのですか?」と先生に聞くと、「それもあり得るけど、あなたは軽症だから、今度再発しても、手術するくらいになるまでにはきっと生理あがってるから、そんなに心配しなくていいよ」と言われ、安心したというより、とーても複雑な気持ちになったのを覚えています(笑)。
【2006/07/03 23:31】URL | あやのママ #-[ 編集]
あやのママさんへ
あやのママさんは、検査のための手術で、内膜症が発覚したのですね。。ということは、腹膜など、エコーではわかりづらいところにあった内膜症だったのでしょうか?
再発は嫌なものですが、そんな言われ方をしたら確かに複雑ですよね(笑)
嬉しいんだか、嬉しくないんだか(・∀・;)
なんにしても、あやのママさんの内膜症が再発しないことを祈っています!!
【2006/07/07 12:09】URL | まーすけ #-[ 編集]















まーすけへの秘密コメントにする

トラックバックURL
http://mamalog.blog26.fc2.com/tb.php/224-abdc94b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
おすすめサイト
カテゴリ別に読む
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。