Admin


スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

高温期突入!!




<Cycle 25> Day 29 (高温期1日目) 36.56℃
-----------------------------------------------------------------
体温はまだ上がり途中という感じですが、本日卵胞チェックしてもらったところ、昨日どうやら無事に排卵してくれたようなので、今日から高温期スタートです!期待はできないと言いつつも、いちおう日・月とラブラブ強化しちゃいましたラブ
先生からも、最近診察のたびに 「ホント出会いすれば・・なんだよね~」 なんて言われているので、卵管采ちゃん、がんばってキャッチしろー!!と念じてみたものの、やはりドキドキ度は今ひとつ・・・まああんまりドキドキするのも心臓に悪そうなので、いつものようにリラックスして過ごしたいと思いますはずかちーv

しかし実は最近、仕事がものすっごく忙しくて・・・
このご時世、仕事がたくさんあるのは本当にありがたいのですが、それにしてももはや親の仇のように忙しく(実は今もまだ会社にいるのデス・・)、IVFのまとめ記事とかも書きたいのになかなか書けません絵文字名を入力してください

次周期は凍結卵の移植をする予定なので、なんとか今周期中にまとめたいと思っているのですが・・・あと2週間か。。がっがんばろうキリリ
皆さんもどうぞご自愛くださいね。

スポンサーサイト

カテゴリ : 【[22] AIH④ クロミッド
| top↑

諦めたら・・?




<Cycle 25> Day 24 (低温期24日目) 36.51℃
-----------------------------------------------------------------
先日、母から聞いた話なのですが。。
母の兄である私の叔父夫婦も、長い間子宝に恵まれず、夫婦共に40過ぎてから男の子を授かったのですが、母がその叔父に、私が不妊治療をしていることを話したところ、叔父から、「諦めたらできるよ。」と言われたそうです。

諦めたらできる・・・実際コレとてもよく聞く言葉で、私も友達に、よく諦めたらできるって言うよね。なんて言われたこと、何度かあります。
確かに、赤ちゃん待ちをすることそのものや、治療によるストレスから解放されることが妊娠につながることはとてもよく理解できるし、直接の知り合いじゃないけれど、諦めたら授かった方の話は何度も聞いたことがあるので、本当によくあることなのかもしれません。

でも、なんか釈然としない´д`トホホ
ので、この気持ちをいろいろ考察してみるに・・・
諦めるって、治療を続けることよりも、難しいことだと気がつきました。

たとえば私だって、1年前には自分がIVFに進むなんて予想していなかったし、IVFの治療内容を見聞きするたび、私には無理かもしれない・・もしIVFしかないと言われたら、赤ちゃんのことは諦めるかも?なんて思っていました。
IVFをする前も、もしうまく採卵できなかったら、もし受精できなかったら。。そのときは諦められるかも、と思っていたし、今は今で、あと2回くらいなら採卵からまたチャレンジできるかな?なんて思っているけど、実際それでも妊娠できなかったとき、諦めることができるかと言えば・・もしかしたらできないかもしれないです。

望めば授かることができる人が見たら、治療に固執しているように見えるかもしれないし、それが逆に妊娠を遠ざけているように思えるかもしれません。わが家の場合、夫婦ともに目に見える原因がないので、そこまでしなくても、そのうち自然妊娠できるのでは?と言われたこともあります。
でもでも、この2年間タイミングはピッタリ合っていたのに、ただの1度もかすらなかったのに対し、初めてのIVFで、育たなかったとはいえ着床までしたという事実は、IVF以外で赤ちゃんを授かるのは極めて難しい、と思えてならないのです。

もちろん、自然妊娠は不可能と言われた方が妊娠された例はいくらでもあると思うし、それは本当に素晴らしいことだと思うけれど、そして、自分にそんな奇跡が起こらないとも決して言いきれないと思うけど・・ 私はそういうご夫婦以上に、子どもを諦めたのち結局授かることなく、二人の人生を歩んでいるご夫婦の方をたくさん知っているような気がします。

だから、いずれ二人の間に、もういいかな?という気持ちが自然に産まれて、その結果二人の人生を選ぶ、というのでなく、いわば奇跡をあてにして、治療をやめたら?なんて、言われたくなかったんだなあ、とわかりました。
もちろん叔父に悪気がないことはわかっているし、怒っているとかはないけれど、今度もし同じことを言われたら、ちゃんと言い返してやろうっと!もふー

なんだかとりとめもなくゴチャゴチャと書きましたが、なんだろうこの気持ち?と少しモヤモヤしてたので、スッキリですオレンジのきらきら また気分を新たに、がんばりたいと思いマス!!


カテゴリ : 【★思うこと
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (8) 【コメントする
| top↑
管理人のみ閲覧できます From:-



From:Ayabu

先日、「Wicked」というミュージカルを観ました。まーすけさんは観ましたか?

どんな逆境にも負けずに自分を信じて生きていたヒロイン。彼女は、いつも「unlimited」と歌っていました。だけど、最後は同じフレーズで「I'm limited」と歌うんです。

今年はずっと忙しくて、色々とストレスが溜まっていた私にとっては、女性の生き方を考えさせられるお話に感じられて、涙が止まりませんでした。でもね、劇場を出る頃には、また頑張れるような気持ちになれる、そんなミュージカルでした。

不妊治療では、諦めると・・・という話は確かによく聞きます。そう慰められても、結局のところ、出産するという結果がすべてという考え方がにつながってしまい、言われた当人は、救われた気持ちになるわけではないのかもしれませんね。

不妊治療にかかわらず、結果がすべてではなく、様々な思いや経験こそ、人生の醍醐味のはずです。どうぞ、今のまーすけさんの生き方に自信を持って、進んでくださいね!!

私も、頑張ります!!!

(歌詞は、あえて英語版オリジナルを紹介しました。)


よく分かる・・・ From:ぴのまま

まーたんの書いてる気持ち、本当にものすごく良く分かります。
「諦める」って本当に目一杯のことをやって、
自分自身で精神的・身体的、あるいは経済的に
そうせざるを得ないところまできたと納得した時にしか、できない気がする・・・。
他人に言われてできるのは「諦めたフリ」だけなんじゃないかなぁ。
でも、叔父様ご夫婦は、きっとそういうった境地をご自身が経験した上でのお言葉でしょうから、
その結果お子さんを授かったという奇跡は確かに説得力のあるものだよね。
こういう例は今後のまーたんにとって(私にとっても)励みにしていけばいいと思うんだ。
まーたんの言うとおり、奇跡って「あてにするもの」でも「待ちかまえる」ものでもなく、信じるものだと思うから!

ちょっと話がズレるけど
どうも、不妊治療を続けている=固執していると捉えられがちだよね。
だから本当に親しい人以外には言えないし、言いたくない気がする。
実際に悲観したり動揺したりすることも沢山あるけど、
何かを望んだり欲したりっていうのは、赤ちゃんに対してだけでなく
人それぞれの純粋な気持ちのはずだし
それを軽んじたり過剰に反応(同情)したりっていうんじゃなくて
一定の距離をもって見守るしかないんだよね、きっと。

うーん。書いてたらゴチャゴチャしてきた(苦笑)
長々と、支離滅裂でごめんちゃい。
要するに、気持ちはすっごく分かるよと言いたかったのでした。

秘密コメントさんへ From:まーすけ

いえいえ、いつもお仕事中忙しいのに、コメントありがとうございます!!
私もしょっちゅう間違えるので、気になさらないでくださいね~(´ー`)

Ayabuさんへ From:まーすけ

Wicked、観ていないけど話題のミュージカルですよね~!!曲だけでも、ぜひぜひ聴いてみたいです。

本格的に治療を始める前は、諦めるのは簡単だけど・・なんて考えていたけど、実際にステップアップしていくと、まだまだできる、まだ諦めちゃいけない、って気持ちのほうが強くて。。もちろん、「ああ、やるだけやったな」って思える日もいつかやってきて、そうなった時の人生のことを考えることのほうが多かったりして、矛盾してるんですが・・
諦める気持ちはまだ出てこないんですが、でも不思議と、未来を思った時、子どものいる自分がいまだに想像できないんですよね(・∀・;)
想像するのは、もっぱらこーと二人で旅行とかしてる、今の生活の延長なのです。。
でも、いつかAyabuさんが言ってくれたように、たとえどんな結果が待っていても、今やるべきことをやっていれば、きっと道は開けると思うので、その時が来るまで、今を大切にじっくり取り組んでいきたいと思ってマス!!
これからもどうぞよろしくお願いします(ノ´∀`*)


ぴのっちへ From:まーすけ

共感してくれてどうもありがとう!!
そうそう、ぴのっちの言うとおり、不妊治療してるって言うと、何が何でも赤ちゃんほしい人!みたいに思われがちよね、実際。。
いやまあ治療もやむを得ないくらいにはほしいとはもちろん思ってるんだけど、私も赤ちゃんに限らず、こうなったらいいなあって思うことに対してがんばるのは、人間誰でも同じだと思う!
それが不妊治療になると、急にネガティブなイメージになるのは、テレビの影響も大きいと思うので、そういうイメージを打ち破るべく、真の不妊女性の姿を知ってもらいたいと思う今日この頃デス!!

って私も思いっきり話がズレてしまったけど、諦める時って、その人によっても違うと思うし、どこまでやったら諦めていい、みたいな線引きも、そもそも自分達が決めることだから、やっぱり人に諦めたら?って言われるのは納得がいかないなーと今回のことで思ったよ。もちろん、叔父も心配して言ってくれたわけだし、あまり赤ちゃんのことだけに捉われすぎて視野が狭くならないよう、いつも自問自答していたいと思うけどねん!!
奇跡はあてにするものじゃなく、励みにするもの・・すごくいい言葉だよ~。これはずっと覚えておきますっ!!


From:のび蔵

おひさしぶりになっちゃってゴメンよー。
まさに私も「諦める」ことについて考えることがあったので、他人事とは思えなくて。(あ、我が家が諦めることを考え始めたとかそういうことじゃないよ~)

きっと叔父さまにとっては、まさに「諦めたらできた」というのが真実なんだよね。まさにご自身が経験したことだから、純粋にまーすけちゃんにも身をもってそれを伝えたかっただけなんだよね、きっと。ただ、「諦める」というのは、散々手を尽くして頑張って精も根も尽き果てて、子どものことを考えるのは止めて、夫婦二人だけの人生を歩むってことよね?そこまで行き着くって、なかなかできることじゃないと思うんだ。諦めることができるのは、そこまでやり尽くした人でなければできないこと。最初からそれを目的にしてしまっては、絶対に諦めたことにはならないよね。叔父さまは諦めの境地に到達されて、男のお子さんを授かられたけれど、それは叔父さまご夫婦だけの経験談として捉えていただかないと!って思っちゃう。それを現役で治療している私たちにアドバイスされても、私でも戸惑ってしまうと思うもの。
って、まーすけちゃんの考えをなぞっただけになっちゃってゴメン。おまけに、ぴのっちのコメントの方がより的確だし・・・(笑)
私たちにできることは、そればっかりに傾倒しすぎずに普段の生活も楽しみつつ、でも可能な期間にやれる範囲のことをやるしかないんだよね!

最近、やっぱりタイミングでは我が家は無理なんだなぁとしみじみ感じ始めてマス。でも正直言ってまた治療に戻ってまた辛い思いをするのは「怖い」という気持ちがあったりするのも事実。でも、現役でがんばれるうちは、前に進むしかないのかもしれないね。私もがんばらなくっちゃ!!

のびちゃんへ From:まーすけ

キャーコメントたくさんありがとうっ
お返事遅くなっちゃってごめんね。

実はうちの叔父に限らず、あまり不妊治療に詳しくない友だちにも、「よく治療やめたらできるって言うよね」って言われたこともあって、確かにそういうご夫婦もたっくさんいると思うし、治療そのものがストレスになっていたりする場合、ストレスから解放されたことが妊娠につながるっていうのもよーくわかるんだけど・・
うちの場合、自然妊娠はほぼあり得ないってつくづく身にしみてるから、治療やめたらもう可能性はゼロに近いんだよ・・って思っちゃうのさ。
叔父の言うことももっともだし、純粋に心配して言ってくれてるのもわかるんだけど、「そんなこと言われても!」って感じなのよさ。

だから、のびちゃんも言うとおり、やっぱり今できることを地道にやるしかないんだよね。いずれ、嫌でも生物学的にリミットは来るんだし、今治療が大変だろうとお金がかかろうと、一生続くわけじゃないし、治療できるだけでも恵まれてるんだし!と思ってマス。

のびちゃんも病院再開を考えてるんだよね。
のびちゃんのこともずっと応援してるからねー!!



まだなのにムラムラ




<Cycle 25> Day 18 (低温期18日目) 36.40℃
-----------------------------------------------------------------
今日は、今周期2度目の卵胞チェックに行って来ました!!
・・なのですが、3日前、右卵巣でそこそこ大きくなっていると思われた卵胞がまったく育っておらず(先生いわく、不変あせあせうさ)、実はコレ、卵胞ではなく前周期の残り卵ちゃんだということが判明しました。というわけで、今周期の排卵は左からになりそうなのですが、こちらはまだまだ小さく、排卵にはあと1週間ほどかかりそうとのこと。。でもちょっとホッとしました。

と言うのも、なんと2夜連続でしっかりもりあがってしまい、すでにバテ気味なまーす家なのです。。いつもながら赤裸々な話で申し訳ないのですが、実はここ数日、私ったらなんだか発情しちゃってるんですよー!!(mm*)キャ-!!
おとといの夜こそ、こーもムラムラサ」ムラ男で同意のもとのなかよしでしたが、昨晩など勝負パンツ装着「ねェ~ん などと新婚さんさながらおねだりしてしまったまーすけ(34)。。まったくもって、我が家の愛車ムラーノ(愛称はムラコ)と同じくムラ子になってしまったのでした・・。

や、これというのも、前周期は薬やら注射の影響で、あまり、というかほとんどムラムラしなかったので、きっとその反動なのですよこれは!!
さらに言えば、仕事に身が入らずブログの更新に妙に熱心なのも、自分へのごほうびにとケロロ軍曹全巻イッキ買いしちゃったのも、これみーんなIVFの反動なのですよ!!

なんて言ってみたりして。

しかし冗談はさておき、IVFによる卵巣刺激の後なので、排卵が遅れることはある程度予想していましたが、現実に卵胞が少しずつしか育たないのを目の当たりにすると、今さらながら卵巣にかなりの負担がかかっていたんだなあ、としみじみ思います。もちろん、IVFのリスクのひとつとして事前にわかっていたことだし、これらリスクがあってもなお、IVFに進むという選択をしたので、後悔はないけれど、前周期、いっぱい働かされたわが卵巣ちゃん、本当にお疲れさまフンッ2 という気持ちです。

のんびりすると言いつつ、どうもはりきりたくなるのは私の悪い癖なので、今周期は排卵へ意識もほどほどにしつつ、適度にがんばれればいいなー思ってマス!!


カテゴリ : 【[22] AIH④ クロミッド
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (2) 【コメントする
| top↑
「ムラムラ」って言葉、なに?? From:Ayabu

夫婦仲がいいのが何よりです。
寒暖の差が激しい毎日。くれぐれもお風邪をひかない程度に励んで下さい(笑)。
私??すっかり忘れてしまいました。
はい、ここ数年前から、ずっと。。。
「枯れたな」「女じゃない」と罵られても、ダメなものはダメなんです(笑)!!



Ayabuさんへ From:まーすけ

いやいや、ほんとお恥ずかしい限りなんですが。。
しかも、今週末いよいよ排卵ってなると、意外とムラムラは収まっていたりして(・∀・;)
我ながら何なんでしょー・・
やっぱり女性は子どもがいるといないとでは、かなり違う気がしますよね。私も子どもができたら落ち着くかな~
落ち着くといいな~(笑)



卵胞チェック




<Cycle 25> Day 16 (低温期16日目) 36.39℃
-----------------------------------------------------------------
周期15日目の昨日は、卵胞チェックに行って来ました
排卵誘発をしない自然周期なら、そろそろ排卵・・という頃ですが、IVF後、そして化学流産後ということで、きっと排卵は遅れるだろうな~という予想通り、卵胞自体はそこそこ大きくなっていたものの頚菅粘液がまだ少なく、排卵にはまだもう少しかかるようなので、金曜に再度診てもらうことになりました。

金曜までは、がんばったところで妊娠にはつながらないとのことでしたが、「もりあがったらどうぞご自由に~」 だそうなので、えーどうしましょheart03 とすでにテンションがあがってしまうわたくし。。
こーは、勝負が金曜以降なら、「それまでためといてとっておきのを出す!!」 などとほざいてましたが、実は採卵・採精の時も、めいっぱいためようと試みて、先生に 「いやそれ、むしろ逆効果だから!!」 とバッサリ斬られちゃったことをもう忘れてしまったようデス・・ ここはひとつ、イキのいいジュニア達を送り込んでもらうためにも、今日か明日あたりもりあがっちゃおっかな~ルンルンケロロ軍曹

な~んて、ついいつもの調子でがんばりたくなってしまうのですが、今さら自然妊娠を期待してるわけでもないし、IVF&科学流産の影響か、体温も低温期の割には高めだし、たまにカーッとのぼせたりもするので、今周期は次回の移植に備えて体調を整える意味でも、あまりはりきりすぎず、のんびり過ごしたいと思っておりマス絵文字名を入力してください



カテゴリ : 【[22] AIH④ クロミッド
| top↑

元気になりました




<Cycle 25> Day 10 (低温期10日目) 36.44℃
-----------------------------------------------------------------
いつも応援してくれている皆さん、この度はたくさん心配かけてしまってごめんなさい。
こんな記事にコメント書くのもしんどいだろうとコメント欄を閉じたのにもかかわらず、遠くから暖かいメールをくれた皆さん、本当にどうもありがとう。
そっと見守ってくれていた皆さんも、ありがとう。

先日の3連休も、久しぶりに神宮に野球観戦に行ったり(こーは実はヤクルトファン)、おいしいモツ鍋&北海道物産展に行ったり(ぴのままの備忘録で紹介されていた雪んこど~むは残念ながらなかった・・・)、昭和記念公園にコスモスを見に行ったりと、かなりリフレッシュできました。

今回のことは、喜びが大きかっただけにものすごく悲しかったし、今も、また同じことがあるんじゃないか、もう妊娠できないんじゃないか・・という不安がよぎったりしてます。でも、悲しい気持ちのときは悲しんで、不安なときは不安と闘って、元気になったときはそれを喜んで、これからもMy Precious Daysを歩んでいきたいと思います。

さて3連休初日の土曜日、生理が来てしまったことの報告と、先生の見解を聞くために、予定通り病院にも行って来ました。
診察室に入るなり生理になったことを告げると、先生からは 「ホントに生理?間違いなく生理?」 と執拗に(?)聞かれてしまいましたが、私も負けじと、「これ以上ないくらい生理です!いつもより量も多いしこれが生理でないなら何が生理ってなくらい生理ですっ!(`ロ'))))」 と応戦・・・やっと納得してくれて、今回のことについて、また今後の予定について説明してくれました。

まとめると、
◆今回は残念だったけど、全くかすらなかった訳じゃないので、いい傾向。
◆出血が多いのも、それだけ内膜が厚くなっていたということなので、これもいい傾向。
◆(着床障害の疑いについても尋ねてみたところ)可能性としてはなくはないが、心配しなくていいんじゃないかな~

とのことでした。
こうやって言われると、全然悲観することはないと思うし、凍結卵ちゃんの移植もあと2回もできるというのに、今の私には、まったく自信がもてない。。あと2回で妊娠できる気もしないし、また採卵からスタートと思うとやはり気持ちがひるんでしまいます。。

しかし先生は、「残り2回の凍結でダメだったら別の作戦考えないといけないけど、大丈夫、イケるよ!!まーすけさんの場合、受精テストもいい成績で合格したし、受精卵の成長もいいし、出会いさえすれば大丈夫だって!」
としきりに励ましてくれました。先生優しいね・・(v_v。)

さらに先生が言うには、妊娠券(権?)というものがあって、それは誰でも手にできるけど、ひと月いくつとか、数が決まってるんだそうです。だから妊娠には順番があって、でも、順番がくれば絶対妊娠できるから、絶対大丈夫!!なんだそうです

「俺がその順番を決められたらいいんだけど、残念ながら、順番は神様しか決められないんだよね。」ということでしたが・・・不安になっている私には、本当に嬉しい言葉でした。先生ありがとう

今周期は、IVF後、そして化学流産後のため排卵が遅れるだろうということで治療はお休み、特に薬などは使わないのですが、自然タイミングでがんばって、とのことなので、久しぶりにこーと燃えたいと思います (mm*)キャー
その次の周期以降には、また凍結卵ちゃんをお迎えできるはずなので、それまではのんびり過ごそうと思ってマス。

おまけのコスモス(本当に可憐で癒されました。お近くの方はぜひ行ってみてね




カテゴリ : 【[24] IVF①→化学流産
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (8) 【コメントする
| top↑
管理人のみ閲覧できます From:-



管理人のみ閲覧できます From:-



From:Ayabu

辛かったですね。。。私達親子も残念に思っていました。
今回の記事を読んでも、ホッとしたというより、まだ、切なくなるような、そんな感じです。どうか、前向きに生きようとすることにとらわれすぎて、無理しないでくださいね。
少しずつでもいいので、まーすけさんが穏やかな気持ちで過ごせる時間が増えていくことをお祈りしています。
それにしても・・・おかしいな~。先生って優しかったかな???私、人違いしてるかしら(笑)!


From:ぴのまま

この記事を読んで少しホっとしました。
どんなに時間が経っても、悲しみや不安が完全に消えるわけではないと思うけど
ゆるやかに、少しずつでも、まーたんの Precious Daysが続いていくことを祈ってます☆

一緒に悲しんだり、励ましたり、笑いあったり、喜んだり
周りにそういう人たちがたくさんいるんだよということも
小さな命は教えてくれたのかもしれないね。
もちろん私もずっとそのうちの1人で居たいと思ってるからね!

ヒロミ先生のおっしゃる「妊娠権(券?)」私にもあるのかな~。
いつか2人してもぎとろうね!!


秘密コメント①さんへ From:まーすけ

お仕事中なのにコメントありがとうございます。とっても嬉しかったです。後ほど改めてメールしますね(ノ´∀`*)


秘密コメント②さんへ From:まーすけ

ご心配かけちゃってごめんなさい!
たったの4日で終わってしまった「嬉しかった日々」を思い出すと、今でも何ともいえない悲しい気持ちになってしまうのですが、おおむね元気になりました(ノ´∀`*)
でも、自信だけはどうしても出てこないですね~(・∀・;)
私にとって妊娠は、やっぱり遠い遠い奇跡のできごとで・・難しいですね。。

Ayabuさんへ From:まーすけ

今回は残念な結果に終わってしまったけど、いいところまでいけたのは、AyabuさんとAyabutaちゃんがたくさん祈ってくれたおかげだと思ってます。本当にありがとうございました!!
そうですね、前向きってすごくいいことだけど、あまり自分をそこに追い詰めると疲れちゃうので、その時の自分の感情に素直に、進んでいきたいと思います。
『前向きに治療を諦める』という道も、今回のことを受けて、さらに自分にとって自然に見えたきたところもあって・・
以前Ayabuさんに頂いた言葉なのですが、その都度、納得して進んでいけば、きっとおのずと道が開けるんだなぁ、と最近つくづく思います。たとえそれが治療をやめる、という道であっても、それが自分の進む道ならば、楽しく歩いていけるはず、と思ってマス!
まだしばらく、可能性のあるうちは治療を続けるつもりなので、もうしばらくよろしくおつきあいいただけたら嬉しいです(´ー`)

先生は・・確かに最近やけに優しくて、私も少々驚いてます(笑)
心を入れ替えたのかしら~( ´艸`)

ぴのっちへ From:まーすけ

ぴのっちの言うとおり、今回のことがあって、改めて私は幸せ者だなあ、って心から思いました。悲しかったけど、それを教えてくれた小さい命への感謝を忘れたくないと思います。もちろん、ぴのっちをはじめ支えてくれた皆への感謝も。
一緒になって喜んだり、悲しんだりしてくれる人がいるって、本当になんて幸せなことなんだろうって思いました。

治療してると、焦燥感や絶望感、苛立ちや無力感など、いろんな感情に襲われるけど、そういうマイナス感情を持ってる自分のことも、否定せず受け入れてあげたいなあと思ってます。
妊娠券、もちろんぴのっちにもあるよ~!!
順番がいつなのかはわからないけど、いつかそれを手にする日が来ると信じて。。
ぴのっちのこともずっと応援してるからね(´ー`)


ご報告




<Cycle 25> Day 3 (低温期3日目) 36.78℃
-----------------------------------------------------------------
皆さん、先日はたくさんのお祝いコメントありがとうございました。皆さん自分のことのように喜んでくれて、本当に本当に嬉しかったです。

なのですが、実は残念なお知らせがあって・・
あの後、火曜日に茶オリがあり、その後生理が来てしまったのです。
茶オリがあった時点で、すぐ先生に電話をしたところ、生理来ちゃうかもしれないけど、今の時点でダメになっちゃうのは自然淘汰だから何もできない、だから普段通りの生活をしてて、と言われ、祈るような気持ちで過ごしていたのですが、トイレに行くたび増えていた出血が、昨日の夜、ついに生理になってしまったというわけです。

こういうこともあるということは百も承知だったのですが、いざとなると、自分でも驚くくらいダメダメになってしまいました。
茶オリが始まった火曜から水曜にかけては、もう何も考えられないくらい動揺してしまって、火曜の夜は、こーの後輩と3人でごはんに行く約束だったのにキャンセル・・・ 夜は泣きすぎて眠れないし、翌朝も、何をしてもムダとはわかっていても、安静にしていれば少しは・・なんて思って会社を午前休。。

午後会社に行ってからは少し諦めもつき、夜、こーが元気が出るようにと、ビタミンカラーのかわいい花束を買ってきてくれたこともあって、本格的に出血が始まっても落ち着いていられたのですが、今日になって、久しぶりに出た太陽を感じていたら、何だか急に悲しみに襲われてしまい、仕事中なのに堪えてないと涙が溢れてくるという状態に。。

気持ちを落ち着けようと社内にある保健室にこもり、母に電話をしたのですが実家には父しかおらず、でもその時点でもうすでに本泣きの状態だったので、心配した父が話を聞いてくれ、やっと気持ちが静まりました。(両親にはIVFのことも、今回の妊娠反応のことも全て話していました。)
その後、ダメ押しにこーの声をちょっとだけ聞こうと電話した時も、やっぱり泣いてしまったのですが、その後母からも電話があって、たくさんの人に心配されて、大切にされているんだなあと感じたら、しっかりしなきゃ!という気持ちが出てきて、やっと今後のことも前向きに考えられるようになりつつあります。

今回は、妊娠反応はあったものの、妊娠成立には至らなかったということで、いわゆる化学流産というものだったんだと思います。
流産と言っても妊娠成立前なので、実際には流産ではないらしく、実際、高温期17日目で出血が始まったので、ただ単に生理が2~3日遅れただけ、そんなに大騒ぎすることではないのかもしれません。でも、赤ちゃん待ちを始めて2年でやっともらえた初めての妊娠反応、すごく嬉しかったし、実感もわいてきたかな?と思った矢先での出血だったので、自分でも意外なほどのダメージを受けてしまいました。今までリセットしても、ちょい泣きすることはあっても、大泣き、ましてや会社で泣いてしまうなんてことはなかったので、自分の弱さをまざまざと見せつけられてしまった感じです。こうなってしまったのは仕方のないことだし、こんな情けないことではいけない、ブログも更新しなきゃ、と頭ではわかっていたのですが、感情がついてこられなかったみたいで、報告が遅くなってしまってごめんなさい。。

とりあえず、当初の予定通り病院には行って、今回のことに対する先生の見解と今後のことについて話してこようと思っています。

皆さん、たくさんたくさん祈ってくれたのに、こんなことになってしまってごめんなさい。報告も遅れてしまってごめんなさい。今回の妊娠反応は、皆さんの応援があったからこそだと思ってます。残念な結果になってしまったけど、皆さんの気持ちには心から感謝しています。本当にありがとう。
次の記事は、きっと元気になっていつもの調子で書けると思ってます。



カテゴリ : 【[24] IVF①→化学流産
| top↑


| ホーム |
おすすめサイト
カテゴリ別に読む
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。